外注記事で効率アップ! ライターの管理方法と記事依頼のコツ

ライターの管理方法と記事依頼

メディア運営を拡大しようと記事のライティングを外注化したところ、ライターから納品される記事の質が悪く、悩まれる方は多いのではないでしょうか?

DOER

私は以前、クラウドソーシングを利用して毎月30名のライターさんに記事を書いてもらっていたのですが、採用基準や採用後の管理方法がわからなかった頃は、記事のクオリティがコントロールできずにとても苦労しました。

その後、執筆フローをきちんと整備して運用したことで、安定的に質の良い記事があがってくるようになってきたのです!

この記事では、外注ライターとのやりとりで悩んでいる方や、これから外注化を進めていきたい方に向けて、ライター管理のポイントについてお伝えします。

 

効率の良いライター管理の仕方

DOER

外部のライターに記事を書いてもらう場合は、サイトの目的やターゲットをしっかり伝えて、ライターが書き方をイメージできる状態にすることが大切です。

この行程を適当に済ませてしまうと、発注側の要望がライターにきちんと伝わらず、期待したような記事があがってきません

アクセスが集まる良いサイトにするためにも、以下の3つのポイントはしっかり伝えましょう。

1.サイトのコンセプトとターゲットを伝える

DOER

ライターに記事の作成依頼をする際、事前にサイトのコンセプトや、そのサイトの記事を読んでほしいターゲットを伝えましょう。
これは、運営側が目指すサイトの世界観や記事の仕上がりイメージを理解してもらうためです。

専門的な言葉は使わずに、できるだけ分かりやすい言葉で伝えることが大切です。

サイトのコンセプトとターゲット

 

2.競合サイトを選定し、イメージを明確にする

自社が目指すサイトのイメージに近いサイトをいくつかピックアップし、ライターに伝えることで運営者側が求めている記事がイメージしやすくなります。

MEMO
その際、「競合サイトと自社サイトを比べたときの違いや、自社らしさが何なのか」ということをしっかり伝えることで、納品される記事も運営者が求める内容に近づきます。

3.記事ごとにゴールを設定する

注意
ライターに記事を依頼するとき、運営者側がSEOキーワードやテーマを設定することが多いと思います。
しかし、ライターにキーワードやテーマだけ伝えても良い記事にはなりません。

DOER

読者が最後まで読みたいと思える記事を書いてもらうために、読者にどのようなアクションを起こしてもらいたいのか、事前にしっかり伝えるようにしましょう。

記事を読み終えた読者の心理を意識して書くだけで、コンテンツの品質は大きく変わります。

特に読者からの問い合わせや、サービスの申し込みなどを目的とする記事の場合はゴール設定を行うことが大切です。

記事テーマ

 

良いライターを採用するためのポイント

ここまでライターに記事を依頼した際のポイントをお伝えしてきました。

しかし、それ以前に良いライターを採用することも非常に大切です。

せっかく運営側が仕組みを整えても、ある程度の文章力があり、きちんとコミュニケーションが取れるライターを採用しないと良い記事を執筆してもらうことが難しいからです。

求めるクオリティに合わせて単価を決める

ライター単価の基準

クラウドソーシングを利用してライターを募集する場合は、求める文章のクオリティに合わせて単価を設定することがおすすめです。

MEMO
クラウドソーシングに登録している方は、プロのライターからライティング初心者の方までさまざまなので、ライティングの相場も1文字0.5円〜5円以上と幅広いです。
もちろん単価を低く設定した方がコストを抑えられるのですが、文字単価が1円未満ではライティング初心者の方しか応募してきてくれません。

DOER

私自身も「初心者の方を育てて一人前のライターにしよう!」と考えたことがあるのですが、修正のやりとりなど運営側の手間が予想以上にかかり、1つの記事を完成させるのに多くの時間がかかりました。

単価が高くなっても、ある程度スキルの高いライターさんに依頼した方が結果的に効率の良い記事ができます。

テストライティングで文章の質を見極める

テストライティング

ライターと契約を結ぶ前に、必ずテスト記事を書いてもらって採用の判断をしましょう。

DOER

私の場合、報酬を払って1記事2,000文字程度のテストライティングを書いてもらっています。
実際に
ライターのライティングレベルを見分けられるので、採用しやすいのです。

テストライティングをお願いする際に

  1. 記事のテーマは〇〇
  2. 見出しに入れてほしいキーワードは〇〇
  3. 読者に起こしてほしいアクションは〇〇

というように、こちらの要望を細かく指定しましょう。

指定通りに納品してくれるライターは、採用後も丁寧な仕事をしてくれる方が多いです。

逆に、抜けや漏れが多いライターは採用後も納期を守ってくれなかったり、指示が伝わらない可能性が高いので注意しましょう。

レスポンスの早さやメッセージに違和感がないかチェック

ライター候補者の方とコミュニケーションを行うなかで、メッセージに違和感を感じることがあれば採用は控えましょう。

基本的にはチャットでやりとりを行いながら仕事を進めていくことが多いと思います。
コミュニケーションがスムーズにできないと、採用後も苦労することが多いので要注意です。

 

ライターさんと長く付き合うためのコミュニケーション

ライター コミュニケーション

せっかく良いライターに出会って良い文章が書けるようになってきても、すぐに辞められてしまっては、また新しいライターを探さなければいけません。

DOER

できるだけ長い期間、ライターに気持ち良く働いてもらうために私が心がけたコミュニケーションのポイントについてお伝えします。

ライターの作業環境やバックグラウンドを把握する

実際にライターと顔を合わせることの少ない場合、相手がどんな環境で働いているのか、何に興味があるのかなどバックグラウンドを知ることは大切なことです。

クラウドソーシングに登録している方は、主婦の方や副業をされている方、海外に滞在されている方など様々です。
ライターの生活リズムを知り、環境に配慮したコミュニケーションを取ることで、ライターに負担をかけてしまったり、お互いのズレが生じてしまうというミスを防ぐことができます。

MEMO
例えば、夕飯前の忙しい時間帯に主婦のライターに連絡をするときは「お時間あるときのご返信で構わないのですが…」という前置きをするだけで、ライターの心理的な負担は少なくなるはずです。

チャットでは感情表現を豊かに会話をする

 

ぜひ宜しくお願いします。

 

チャット上でのテキストメッセージでのやりとりは表情や声が伝わらない分、こちらが思っていない意図で言葉が伝わってしまうことも多いです。

適度に顔文字や「!」などの記号を使うなど、できるだけ感情が伝わるような工夫をして明るいコミュニケーションを心がけましょう。

修正依頼をする際は良い部分をしっかり褒める

記事の修正のお願いやミスの指摘など、相手がネガティブな感情をもつ可能性があるメッセージを送る場合、必ず良い部分についても触れるようにしましょう。

DOER

思ってもいないことを無理やり言う必要はありませんが、良い部分をしっかり伝えることで、修正のお願いなどのメッセージも素直に受け取っていただけるようになります。

 

最後に:ライターを上手に管理して、サイト運営を加速化させよう

ライターへの指示の仕方やコミュニケーションの取り方次第で、記事の品質は大きく変わってきます。
ライターの管理体制が整うことで、良い記事が継続的に納品されるようになり、結果的にサイトへのアクセスも増えていきます。

ライターを上手に活用して、メディアを成長させましょう!