効果を出すサイト戦略。SEOに強いWebライティングの法則とは?

WEBライティング SEO

「時間をかけて良いコンテンツを作っているつもりなのに、アクセス数が伸びない」という相談を受けることがよくありますが、そのような悩みは文章の書き方のポイントをつかめば解決します。

この記事を書いている私はWebライティングを始めて6年ですが、ここ数年はSEO知識やライティングテクニックよりも、「読んでもらうための文章」を書くことが一番SEOに影響していると感じています。

せっかく一生懸命書いた記事が、多くの人に読まれなかったら悲しいですよね…。

この記事では、SEOで勝てる文章の書き方について解説していきます。

Webライティングとは

Webライティングは、読者の目線にたち検索エンジンから評価を受けやすいコンテンツにするためのライティング方法です。

SEOを意識したライティング方法

Webライティングでは、SEO(検索エンジン最適化)を意識して、検索エンジンが読み取りやすいようなコンテンツを作成することで検索上位を狙います。

みなさんも「SEOキーワードを入れることが大事」「SEOには見出しタグを使うことが大事」と聞いたことがあると思います。これは順位をあげるための単なるテクニックではなく「コンテンツを検索エンジンに正しく評価してもらうための作業」だと考えください。Googleなどの検索エンジンは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを上位表示させるため、ユーザーに読みやすい記事を作ることがSEO対策への近道です。

SEOを意識した本質的なライティングがなにか?ということについては、記事の後半部分でお伝えします。

デジタルデバイスで見やすい記事を書く技術

Web上で行われるライティングは、ユーザーが使うデバイスでの見え方も考えましょう。デバイスでの見え方を考えずに自由にライティングをすると、読みにくかったりサイズが合わなかったりするので、せっかくサイトにきてくれたユーザーが離れてしまいます。

とくに最近はスマートフォンでWeb記事を読むユーザーがほとんどなので、コンテンツがスマートフォン上でどのように見えるかを考えて記事を設計することが大切です。

SEOライティングのポイント

SEOライティングを行う上で忘れてはいけない視点は「サイトに訪れた読者を満足させること」です。それではポイントをいくつか紹介します。

ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作る

Googleなどでキーワードを検索する際、ユーザーは疑問や課題を解決するための情報を求めています。

「英会話教室 大阪」と検索する人は大阪にある英会話教室を探しているでしょうし、「スーツ 50代 おすすめ」と検索する人は50代におすすめのスーツを探しているはずです。それぞれの検索にはユーザーの意図があるので、ユーザーを満足させるためには検索キーワードにぴったりのコンテンツを作ることが大切です。

他サイトと差別化できるようオリジナリティを出す

「キーワードにぴったりのコンテンツ作りが大事」とお伝えしましたが、残念ながらネット上にはそのようなコンテンツがたくさんあるのも事実です。みなさんもGoogleで気になるキーワードを検索すれば、かなりの情報を得られますよね。

そのため、他のサイトにはないオリジナリティを出すことも重要です。難しいと思うかもしれませんが、「自社の事例や自分の経験にそった記事=誰にもマネできない記事」なので、オリジナルコンテンツは誰でも簡単に作れます。

オリジナリティが大事といっても、経験談だけを書くのは禁物です。読者はみなさんの経験談を聞きに来ているわけではありません。読者ニーズに合った情報を提供する中で、オリジナリティを高めていきましょう。

サイトのテーマにあったライティングを行う

サイトを運営する際には「誰のどんな課題を解決するのか」というターゲット設定をしっかりと行い、サイトのテーマに合ったコンテンツを作りましょう。読者層やメディアが目指す世界観によって、文章の語尾や言葉選びも変わります。

例えばサイトのテーマが「初心者のためのWebマーケティング」の場合、「SEO対策」「コンテンツマーケティング」「検索エンジン」などのテーマで記事を作り、初心者でも分かりやすいようなライティングを心がけることが大切です。

SEOに強いWebライティングのステップ

検索エンジンに評価されるコンテンツを作るためには、下記のようなステップでライティングしていきましょう。

1.ユーザーを離脱させないストーリーを考える

読者は思っている以上に記事をじっくり読んでくれません。丁寧な説明をし過ぎたり、本題に入る前の前置きを長めに書いたりすると、離脱率が異常に高くなります。

具体例で考えてみましょう。

  • 狙うキーワード:コンテンツSEO 効果
  • 当サイトの該当記事:コンテンツSEOでサイト効果を最大化。広告に頼らないSEO対策とは

当然ですが「コンテンツSEO 効果」で検索する人は「コンテンツSEOの効果を知りたい人」です。

そのため、記事の構成は「①コンテンツSEOの目的と効果⇒②コンテンツSEOを成功させるポイント」という順番にすると、分かりやすい記事ができます。

 

例えばこの構成を逆にして「②コンテンツSEOを成功させるポイント⇒①コンテンツSEOの目的と効果」とした場合、読者は「コンテンツSEOの効果が知りたいのに書いてない!」と思ってしまい、記事の前半で離脱してしまうのです、

一方で「SEO Webライティング」のように、Webライティングの意味が知りたいのか、ライティングの手順が知りたいのか、ハッキリしないキーワードもあります。こういった場合はユーザーと同じようにキーワードを調べて、上位に表示されているコンテンツを読んでみてください。「上位表示されているコンテンツ=ユーザーが求めている情報」です。1ページ目に表示されているサイト10個を読めば、読者が何を一番知りたいのかがわかると思います。

「読者がもっとも知りたいこと」を明確にしてから、書いていくことが大切です。

2.検索エンジンが読み取りやすい構成を作る

検索エンジンが読み取りやすく、検索上位にあげてくれるようなコンテンツにするためには、多少のSEOの知識も必要です。

1.タイトルにキーワードを入れてキャッチーに

記事タイトルにはSEOキーワードを入れて、検索結果の中でも注目される魅力的なタイトル付けを心がけましょう。「〇〇の手順とポイント」「〇〇のおすすめ〇選!」のような定型タイトルより、キャッチーなタイトルの方がSNSで拡散されやすいのです、

タイトルの文字数は検索に表示されたときに見切れないよう、32文字以内におさえることが推奨されていますが、無理に文字数におさめようとすると不自然になるので、あくまでも目安と考えてください。

2.見出しは階層を使い分けて構造を明確にする

記事の見出しは「大見出し」「小見出し」といわれるような見出しの階層をつけて作成していきます。

見出しを作るとユーザーにとって分かりやすい記事になるだけでなく、検索エンジンが「ここが重要だ」と認識してコンテンツの内容を読み取ってくれるようになるので、結果として上位表示されやすくなります。

3.内部リンクを入れサイトを周遊しやすく

サイトを1つのテーマで作っている場合は、内部リンクを貼ることで読者が他の関連ページも見てくれるようになります。

例えば「英会話」がテーマのサイト内にある「英語 単語 テキスト」がキーワードの記事に興味のある読者は「英語 長文 テキスト」のページにも興味がある可能性が高いです。こういった場合にはどちらのページにも訪問してもらえるようにリンクを貼りましょう。

「リンクを多く受けるようなページ=質の高いページ」と判断され、検索エンジンからの評価も上がります。内部リンクもしっかり設定しましょう。

4.誰にでもわかりやすい簡単な文章で書く

難しい文章よりも、中学生が読んでも分かるレベルのシンプルでわかりやすい文章を心がけましょう。

専門的な言葉や回りくどい表現が多いと、他のサイトに移りたくなりますよね。難しいことを説明する場合は、必ず具体例を入れて読者がイメージできる内容までステージを引き下げることが大切です。

最後に:SEOに強い文章は本気でユーザーのことを考えている

検索エンジンが評価する「質の高い記事」は、ロジカルな記事でも、丁寧な記事でもありません。ユーザーのことを考え抜いた記事です。

例えば「早起き 無理」と検索しているようなユーザーに「早起きが無理じゃない理由」を最初からロジカルに説明したところで刺さりません。感情的な検索には感情で訴えかけ、後半に睡眠改善の方法を詳しく説明するような構成が必要です。

検索キーワードを考慮しつつも「読者は何を求めているのか」ということを突き詰めて、価値あるコンテンツを生み出しましょう。