クリック率を上げる!成果を出すアイキャッチ画像の選び方とは

クリック率 画像

みなさんはブログ記事やサイトに使うアイキャッチを、どんな基準で選んでいますか?

アイキャッチは記事のクリック率を左右するだけではなく、SNSなどで拡散されるときにサイトのイメージに関わる大事な要素です。

アイキャッチの雰囲気を統一させたり、画像選びのルールを明確に決めることは、サイトのブランディングや集客に大きく関わるのです。

この記事では、サイトへの集客をアップさせるコンテンツ画像の選び方を分かりやすく解説します。

アイキャッチが画像が重要な理由

コンテンツ内容よりも先にユーザーにインパクト(情報)を与えるアイキャッチは、記事を読んでもらうために非常に重要です。

選ぶ写真によってクリック率が変わる

TwitterやFacebookなど、SNSで記事が拡散された際はコンテンツ内容よりも先にアイキャッチ画像が重要であります。

タイムラインにたくさんの情報が並ぶなかで、写真を見て無意識にクリックすることが多いのではないでしょうか?アイキャッチ画像は、ついなんとなく選んでしまいがちですが、思っている以上にユーザーに与える影響が大きいことを意識しましょう。

写真がサイト全体の印象を決める

コンテンツマーケティングで運営するメディアでは、コンテンツごとにサムネイルが並んだサイトデザインが多いです。

写真の色味や雰囲気によって、メディアの世界観は大きく変わります。若い女性向けなのか中年の男性向けなのかで雑誌に使われる色や写真が変わるように、Webメディアに使われる写真もサイト自体のブランディングに大きく関わります。

効果的なコンテンツ画像の選び方

それでは、サイトへの集客に効果的な画像選びのポイントについてお伝えしていきます。

コンテンツ内容のイメージに合わせる

記事をクリックしてくれたユーザーの離脱を防ぐためにも、記事の内容と写真のイメージは一致させましょう。

例えば「〇〇を成功させる方法」というタイトルの記事の場合は成功して喜んでいるような人の写真、「〇〇を理解するためのヒント」というタイトルの場合は電球など「ヒント」をイメージさせる写真を使います。

写真の雰囲気はサイトのイメージに合わせる

メディアのイメージに合った写真を選ぶことも大切です。例えば女性向けのやわらかい世界観をもったメディアで、コントラストのはっきりした写真や色味が強いアイキャッチを選ぶと写真だけ浮いてしまいます。

サイト全体の世界観を大切にしましょう。

ストーリー性のある画像はSNSでヒットする!

多くのコンテンツが一度に表示されるSNS上では、静的な画像よりも動きを感じさせる画像の方がクリックされやすいです。

特にストーリーを感じさせるような画像は人の心を動かし、読者が感情移入しやすいため、クリックを促すような力があります。

記事の性質に合わせて画像を選んでいくと良いでしょう。

オリジナリティで、他サイトと差別化する

現在はフリー素材も多く出回り、同じ写真が多くのサイトで使い回されているのを見かけます。タイムライン上に似たような写真が並んでいると目立たないだけでなく、自社サイトのイメージを確立できないので、できるだけオリジナルの画像や写真を使うことをおすすめします。

当メディアもできる限り自作の画像をアップするようにしております。

画像を選びで気を付けてほしいポイント

最後にやってしまいがちな画像選びの注意点をお伝えします。

人物のアップ画像は慎重に選ぶ

驚いた顔や怒っている顔など、人物のアップの写真はユーザーやサイトのイメージを大きく左右するので慎重に使いましょう。

実際にサイトを運営していますが、アップの顔写真や外国人を使ったフリー素材などはシェアされにくい傾向にありました。

読者の目線で、どんなアイキャッチの記事ならシェアしたいと思うか考えてみることが大切です。

サムネイル画像はサイズ感に気を付ける

アイキャッチ画像をサムネイルとして設定すると実際の写真が縮小されます。サイズが小さくなっても見にくくないかどうかなど、サイズ感に気を配りましょう。

利用するデバイスやツールによっては見切れてしまうこともあるので、事前に適切なサイズを確認してください。

最後に:アイキャッチの勝ちパターンを見つけよう

画像の選び方は、サイトの方針やターゲットによっても大きく変わります。

しかし共通しているのは、なんとなく画像を選んでいても効果的な集客ができないということです。アイキャッチ画像を設定し、記事を投稿して終わりではなく、クリック率やシェア数などを計測して、選んだアイキャッチが適切だったのか効果検証を行いましょう。

数字でメディアの状態を可視化していくことが、読まれるアイキャッチのパターンを知ることにつながるはずです。