検索ニーズをがっちり把握!SEOキーワードの正しい選定の仕方とは

SEO キーワード選定

DOER

突然ですが、あなたがSEOキーワードを選定する目的は何ですか?

ほとんどの方が、SEOの上位表示によってアクセスを伸ばし、問い合わせやリードを獲得することを目的にしていることと思います。

これを実現するためには、SEOキーワードの選定がとても重要となります。

なぜなら、SEO対策を行うキーワードによって以下の影響が出てくるためです。

  • 効果が出るスピードが大きく異なる
  • Webサイトを訪れるユーザー層が変わる
  • コンバージョンに大きく影響が出る

 

SEOキーワードは継続的に探し続けるものですが、その大枠はメディアを運営する前に決定されていることでしょう。

そのため、初期段階で適正なSEOキーワードをしっかりと選定しておき、後々やり直しにならないように考えておく必要があります。

この記事では、Webサイトへの集客を成功させるために必要なSEOキーワード選定のポイントやコツについて、わかりやすく解説していきます。

ぜひ読んで参考にしてみてください。

 

検索ニーズを熟知した上でSEOキーワードを選定する

インターネット上で自社のWebサイトにユーザーを流入させるためには、

  • 自社のビジネスに関連するキーワード
  • 検索されやすく、上位に表示されやすいキーワード

の2点は最低限知っておく必要があります。

ですが、こうしたことをあまり考えずにSEOキーワードを選定してしまうケースは珍しくありません。

特に、SEOの知識がある方ほど、経験則からなんとなくキーワードを選んでしまうことが多いのです。

その結果、

  • 強力な競合が多く、なかなかWebサイトが上位表示されない
  • ニーズがずれているため、閲覧されても成約に繋がらない

という問題が発生してしまいます。

 

DOER

SEOキーワードの選定は、正しい知識を元に、考え抜いて行うことが絶対条件ということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

想定するターゲットやユーザーのニーズを知る

なぜ、獲得したいと思っているターゲットのニーズを知る必要があるのでしょうか。

それは、そのターゲットに最適なオファーをするためです。

営業経験のある方なら何となく理解できるのではないでしょうか。

 

打ち合わせにきた営業マンが、自分の思うがままにひたすら話を続けたらどう感じますか?
そして、こちらの興味関心も無視して、自分が売りたいと思った商品をセールスしてくる

 

あなたはその商品を買いますか?

答えは明確です。

 

できる営業マンだと、自分が話したいことを話すのではなく、まずはお客様の話に耳を傾け、ニーズを把握することに徹するはずです。

SEOキーワードの選定も同じことです。

SEOキーワードを調べる・選定する上でも、ユーザーのニーズを把握することが大前提です。


例を見ながら一緒に考えていきましょう。

たとえば、ビタミンサプリメントを買いたいと思っている人がターゲットの場合。
SEOキーワードは「ビタミンサプリ おすすめ」などが考えられます。

次に、キーワードツールなどで関連して調べられているキーワードを探すと、

  • 「ビタミンサプリ おすすめ ニキビ」
  • 「筋トレ ビタミンサプリ おすすめ」

などが出てきます。

この場合、ビタミンサプリメントを探している多くのユーザーが、「ダイエット」ではなく「筋トレ」や「ニキビ」に役立つものを探しているということになります。

この検索結果をもとに、Webサイト上では『「筋トレ」や「ニキビ」に向けたビタミンサプリメント』という方向性を打ち出してやれば、よりユーザーニーズにマッチしたプロモーションが可能となるでしょう。

 

検索ニーズを把握し、アピールしたい内容とキーワードのミスマッチを防ぐ

私がサポートしているクライアント様で、「オンライン英会話」というキーワードでオンライン英会話の比較記事を執筆された方がいました。

その記事は、SEOで上位表示はされるものの、まったく成約に繋がらなかったのです。

いったいなぜでしょうか。

しっかりと調べてみると、他に「オンライン英会話」のキーワードで上位表示されていた記事は、「オンライン英会話で英語力が伸びる人の特徴」といったニーズを捉えたものでした。

 

「オンライン英会話」を検索しているユーザーのニーズは、オンライン英会話を受講するために比較検討したいというものではなかったのです。

その後、「オンライン英会話 おすすめ」というキーワードで記事を作り直したところ、記事への流入数が伸び、成約もかなり増えました。

このように、ユーザーの検索ニーズと記事内のアピール内容に乖離があると、たとえ上位表示されても成約には繋がりませんので注意しましょう。

 

注意
SEO業者を利用してキーワード選定をする場合にも注意が必要です。

SEO業者の多くは「うちを使ったらこれぐらいのアクセス数が見込めます」というように、アクセス数を目標値に提示してきます。

しかし、悪徳SEO業者の中には、SEOで上位表示しやすいものの自社サービスとはまったく関係のないキーワードでアクセスを集める業者もいます。

これでは商品の購入や成約に繋がるはずがありません。

大切なことは、ただ単純にアクセスを伸ばすのではなく、自社サービスと検索ニーズがマッチしたSEOキーワードを選定し、そこからユーザーに流入してもらうということです。

 

SEOキーワード選定のポイント

DOER

具体的なキーワードを選ぶ前に、次のようなポイントを踏まえて考えると、より成果が出やすくなります。

検索ボリュームがあるキーワードを選ぶ

当然のことですが、多く検索されているキーワードというのはニーズが多く、市場が大きいと考えられます。

逆に、あまり検索されいてないキーワードはニーズが少なく、市場も小さいと考えられます。

検索する人が極端に少ないキーワードは、たとえ上位表示されたとしてもわずかなアクセスしか確保できないため、費用対効果がマイナスになってしまう恐れがあります。

最低限、月間検索ボリュームが100以上あるものをキーワードとして選ぶようにしましょう。

 

競合が多すぎるキーワードは注意

検索数が多くても、競合が多すぎるキーワードは上位表示することが難しいのでおすすめしません。

例えば「サプリメント」という単一のビッグキーワードで上位表示されているサイトは、何年も前から運営していて、コンテンツ量も多いサイトがほとんどです。

こうしたビッグキーワードは、新規参入したところで上位表示は非常に難しいといえるでしょう。

 

MEMO
上位表示されるためには、運営期間やコンテンツの量も必要になってきます。

そのため、SEO対策の初期段階ではビッグキーワードを狙うのではなく、競合が多すぎない複数単語のキーワードを選ぶと良いでしょう。

 

固有名詞より「行動に繋がるキーワード」がおすすめ

Web上で検索行動を取る目的はさまざまありますが、ブランド名や商品名といった固有名詞は、ユーザーの目的が予測しづらい傾向にあります。

単純にブランドの情報を集めたいだけだったり、画像が見たいだけの可能性もあります。

DOER

申し込みや購入に繋げたい場合は、ユーザーの「行動に繋がるキーワード」を選定することが重要です。

例えば「サプリメント 20代 おすすめ」などのキーワードは「20代向けのサプリメントを買いたい」という目的がはっきりしているため、購入や申し込みに繋がりやすいと考えられます。

 

MEMO
この記事ですと、『SEOキーワード 選定』というキーワードを軸にコンテンツを作成しています。

多くのユーザーは「SEOで上位検索される」「成約につながる」ことを目的としてSEOキーワードの選定に興味を持っているため、それらを解決できるようなSEOツールを記事内でご紹介すれば導入に繋がりやすくなるのではないかと考えています。

*この記事では、一切ツールの紹介はしていません。

 

【手順】勝てるSEOキーワードの選定方法

DOER

実際にSEOキーワードを選んでいく際には、いくつかのツールを組み合わせて調べる方法がおすすめです。

 

無料ツールで検索ボリュームを知る

まずはキーワードの需要の多さを把握するために、月間検索ボリュームを調べましょう。

色々なツールがありますが、以下の2つを知っていれば十分です。

 

1.Googleキーワードプランナー

キーワードツールのなかでももっとも有名なのは、Googleが提供しているキーワードプランナーです。

分かりやすい表示で操作もしやすく、月間の検索数や競合性、月ごとの検索推移などを見ることができます。

キーワードや数値のダウンロードもできるので便利です。

注意
ただし、こちらは「Google AdWords」というサービスに登録していないと使えません。
※サービスへの登録や、キーワードプランナーの利用は無料で行えます。

 

2.aramakijake.jp

こちらのaramakijake.jpはアカウント登録なしで利用することができます。

機能的にはキーワードプランナーと大きな差はありませんが、月間検索数のほかに、キーワードごとのアクセス予測などを行ってくれます。

 

Googleトレンドでニーズをおさえる

キーワードの検索ボリュームが把握できたら、キーワードのトレンドを調べましょう。

Googleトレンドでは、過去から現在までのキーワード検索推移などから、特定キーワードのトレンドの移り変わりを可視化することができます。

狙っているキーワードが今後も検索される傾向にあるのか、季節的な変動があるかどうかなどを調べることで、キーワード選びの優先順位をつけやすくなります。

 

関連キーワードでロングテールキーワードの上位表示を狙う

次に、選定したキーワードと一緒に調べられている「関連キーワード」も押さえておきましょう。

関連キーワードを調べれば、検索ユーザーの潜在的なニーズを知ることができます。

複数の単語が組み合わさったキーワードを「ロングテールキーワード」といいます。

ロングテールキーワードは、ビッグキーワードに比べると検索ボリュームが落ちるものの、検索ユーザーのニーズがより明確である傾向にあります。

こうしたロングテールキーワードでSEO対策をしていくことで、潜在顧客にアプローチすることができます。

関連キーワードを調べる際には、下記のツールがおすすめです。

 

1.キーワードのリストアップには「goodKeyword」

goodkeywordは、GoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンごとに関連キーワードを表示してくれるツールです。

表示数も多いので、表示された関連キーワードはコピー&ペーストするなどしてリストアップしておきましょう。

 

2.幅広いニーズを探るには「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は、Googleなどの検索エンジンの関連キーワードだけではなく、「教えて! goo」や「Yahoo! 知恵袋」などのQ&Aサイトの検索結果を取得することができます。

Q&Aサイトで行われている質問の内容を知ることで、見落としがちなユーザーニーズを把握することができるので、ぜひ活用してみましょう。

 

Webマーケティングでの成功はSEOキーワード選定から

SEOキーワードの選定は、Webサイトへの集客を大きく左右する大事な過程です。

上記の方法とステップを踏まえて正しいキーワードを選定していけば、ユーザーに見つけてもらいやすいサイトにするための土台作りができます。

また、キーワードを調べていくことで、予想していなかった市場のニーズが見えてきたり、新たなアプローチ方法を発見できるきっかけにもなります。

DOER

ぜひ、SEOキーワードを正しく選定してWeb集客の成功の実現を目指しましょう。