問い合わせを獲得できるコンテンツの作り方とは

コンテンツ 作り方

WEBからの問い合わせを獲得するため、皆さんはきっと日々さまざまなマーケティング活動を行なっていることでしょう。
ブログを書いてみたり、ノウハウ記事を掲載してみたり……。

DOER

その一方で、記事コンテンツを書いても書いても一向に問い合わせが増えない、という悩みも少なくありません。
  • SEOで上位表示されているか
  • リスティング広告でサイトへの流入が増えているか

など、問い合わせを獲得するために見るべきポイントはたくさんあると思いますが、今回は「問い合わせを獲得できる記事コンテンツ」というテーマでご紹介していきます。

問い合わせを多く獲得できるコンテンツとは

一生懸命書いているのに、問い合わせがまったくこない……
残念ながら、よくある話です。

原因としては、大きく分けて以下の点が挙げられます。

  • 自分よがりな文になっている
  • そもそも意図したターゲットに読んでもらえていない
  • ユーザーの欲しい情報と乖離がある

自分よがりな文になっている

コンテンツを書いていると、どうしても自分の伝えたいことばかり伝えてしまいがちです。

それもそのはず。
記事コンテンツを書いているのは、問い合わせを獲得するためであり、ユーザーに問い合わせしてもらえるように誘導するのが目的だからです。

ただ、それを読んだユーザーはどういう気持ちになるでしょうか

アフィリエイトサイトを想像していただけると、なんとなくイメージがつくはずです。

 

「商材を売りたい!」「是が非でも購入へ誘導しよう!」という気持ちが強いあまりに、コンテンツの内容が偏ってしまう。
そんなコンテンツを、きっと誰もが一度は読んだことがあるのではないでしょうか。

DOER

人は売り込まれるのが嫌いな生き物です。
売り込めば売り込むほどお客様は逃げていってしまいますので、ぜひとも注意しましょう。

しっかりとコンテンツを作り込んだのに問い合わせを獲得できない。

こんなお悩みをお持ちの方は、一度、ご自身のコンテンツを第三者目線で読み直してみてください。

そもそも意図したターゲットに読んでもらえていない

SEOを意識しすぎたコンテンツを増やしていると、こういった問題が発生します。

通常、SEOのコンテンツ設計をするときは、問い合わせの獲得見込みが高いキーワードを軸に構築していきます。

ただ、キーワードの競合性が強かったり、検索ボリュームが少ない状況だと、「まずはアクセスを集めるか」という考えになりやすく、意味のないコンテンツでSEO対策をしてしまいがちです。
その影響で、問い合わせにつながらないコンテンツを大量生産してしまう……という失態を犯してしまうのです。

このサイトがいい例です。

このサイトが目指しているのは「不動産投資」というキーワードで問い合わせを獲得していくことです。
しかし、思うようにアクセスが伸びなかったため、関係のないキーワードでアクセスを集めようという安易な策を打ってしまいました。

普通に考えれば、不動産投資をしたいと思っている方は、そのハウツーを知りたいはず。
にも関わらず、「タワマン合コン」というまったく関係のないコンテンツを掲載してしまったのです。

結果として、「タワマン合コン」に興味ある方が集まったためアクセス数は伸びましたが、本来の目的である問い合わせには繋がりませんでした。

 

ユーザーの欲しい情報と乖離がある

ユーザーが欲しいと思った情報と、記事コンテンツの情報がまったく違う。

このようなコンテンツは非常に多いです。

期待して読んだのに、自分が欲しい情報はほとんど書かれていなかった……

そうなると、とても残念な気持ちになるはずです。
失望や苛立ち、メディアへの不信感という感情に繋がってしまう恐れも大いにあります。

注意
最近だと、タイトルだけやたら煽って内容はスッカラカンという記事も少なくないので、コンテンツ提供者としては絶対に気をつけておきたいところです。

絶対にNG!安価な外部ライターによる「安かろう悪かろう」なコンテンツ

こうした記事コンテンツが増えてしまっている理由に、安価な外部ライターへの依頼が増えたことが挙げられます。

外部ライターへの丸投げがダメな理由

記事コンテンツを自分ひとりで書き続けることは大変なことです。
なので、一部を外部のパートナー(ライター)にお任せすることには賛成です。

ただし、丸投げは絶対にいけません

特に、クラウドサービスで雇ったライターは、安価であるものの、素人ライターということも珍しくありません。

キュレーションサイトを作りたいのであれば話は別ですが、問い合わせを獲得するために記事コンテンツを作るのであれば、この点はしっかりと考えなければなりません。

DOER

というのも、ライターはあくまで「ライター」であり、その分野のプロではない可能性が高いからです。

 

痒い所に手が届くコンテンツこそ良質な記事

良いライターというのは、まさにこの情報が欲しかった!ということについて丁寧に書いてくれます。
しかし、そういったライターは非常に少数で、単価も高いのです。

効果が見えにくいコンテンツには予算をかけにくい。
だから安価なライターへ依頼する。

これが今のトレンドです。

結果として、質の悪い記事コンテンツが蔓延してしまっているのです。

しかし、安価なライターを使っても良質なコンテンツを”つくる”ことはできます

それは、作業の分担

その分野のプロでもある自分がつくる部分と、外部のライター・作業者がつくる部分で担当を分けてしまえばいいのです。

良い記事を作る前提として、下調べは欠かせません。
その部分をプロのあなたがやってしまえば、ライターはそこに肉付けをするだけなので、執筆の手間はアウトバウンドしながら、記事コンテンツのクオリティを一定に保つことが可能になります。

MEMO
もちろん、伝わりやすい表現を使えるライターかどうかも重要なポイントですが、その点を軸に採用をかければ事足ります。

こうした仕組みを作るだけでもだいぶ効率は上がっていきます。

ぜひ、この運用方法を試してみてください。

 

意図したお客様から問い合わせしてもらえることを目指す

時間をかけた記事コンテンツだと愛着が湧きますよね。

実際、この記事も自分で書いていますので、作り込めば作り込むほど愛おしくなります。
なので、この記事をきっかけに、1件でも多くの問い合わせを獲得したいと思い始めます。

ですが、現実問題そう上手くはいきません。
ある一定の基準で、その数は横ばいになってしまいます。

ただ、そういったときにはもう一度本来の目的を思い出してみてください。

自分の狙った「ターゲット」から問い合わせを得る。

これが本来の目的であり、重要なことです。

つまり、意図していないお客様からの問い合わせは、誤解を恐れずに言えば「不要」なのです。

まずは、あなたが獲得したいターゲットから問い合わせを1つでも多く獲得するということに集中してみてください。
そうすれば、ある日を境に、さらに多くの問い合わせが来るようになるはずです。