記事風ランディングページで問い合わせをアップ

記事風ランディングページ 作り方

FacebookやInstagramなどに掲載する広告のリンク先として効果的なのが、記事風のランディングページ(LP)です。

以前は通常のランディングページが主流でしたが、最近では読み物型の記事風LPへの誘導が推奨されています。

今回は、これから記事風LPを作りたい方のために、

  • 記事風LPがなぜ効果的なのか
  • 具体的な作り方

まで、幅広く解説していきます。

 

記事風ランディングページとは

DOER

記事風LPを作成する前に、その目的について改めて理解していきましょう。

 

記事風LPは広告色を抑えてメッセージを届けられる

記事風LPは、一般的なWebメディアの記事に似せて作ったLPのこと。

これ一枚で完結するものではなく、広告と通常のランディングページの間に作ることが一般的です。

記事風LPは「第3者目線」で書かれた内容にすることが多くなっています。

この一工夫により、通常のLPよりも広告色が抑えられ、ユーザーがより素直にメッセージを受け取りやすくなっていることが大きな特徴です。

みなさんもSNS上の広告をクリックして、いきなり広告色が強いページに飛ばされると、

  • 「なんだか怪しいな……」
  • 「ああ、セールスか……」

と思った経験があると思います。

記事風LPは、そういった感情による離脱を防ぐためにも必要なページです。

 

記事風LPの目的は「通常LPへの橋渡し」

普通、LPの目的は「ユーザーをコンバージョン(成約)に繋げる」ことですよね。

しかし、記事風LPに課すべき目的は「通常のLPをクリックする」ことです。

記事風LPに書かれている内容に共感し、「自分に必要なサービス・商品はこれだ!」と思ってもらう。
そのうえで通常LPをクリックしてもらい、そこでコンバージョンしてもらう。

LPを作る際は、どうしてもコンバージョンを意識した構成にしてしまいがちです。

しかし、記事風LPでそれをしてしまうと、せっかく抑えた広告色が強くなってしまいます。

DOER

あくまで記事風LPは、ユーザーの購入意欲を高め、通常LPへ橋渡しするための存在と心得ましょう。

 

記事風ランディングページの作り方手順

それでは、記事風LPは具体的にどのようなポイントに気を付けて作っていけば良いのでしょうか。

ぜひ、みなさんも自社のサービスをイメージしながら読んでみてください。

 

1.来訪者の属性と訴求ポイントを考える

まずは、広告をクリックしてページに訪れてくれた方の心情を想像してみてください。

例えば、サプリメントを購入してもらうための記事風LPの場合。

そのページに訪れた方には、下記のような悩みや課題があるはずです。

  • 痩せたい
  • きれいになりたい
  • 健康が心配
  • 芸能人の〇〇のようになりたい

LPの内容は、こうした悩みや課題を解決に導いてくれるものでなければなりません。

今回の場合、記事風LPには「サプリメントを飲むことでこれらの悩みを解決できた」という体験談などを入れ込むといいでしょう。

注意
もちろん、景表法薬事法の許す範囲内で表現するようにしましょう。

DOER

記事を読む人の顔を思い浮かべて、見込み客の課題を解決しつつ、自社が提供するサービスに導く記事風LPを考えてみてくださいね。

 

2.ページの構成を決める

次に、具体的なページの構成を決めていきます。

 

行動につながるストーリーを考える

今回、サプリメントを飲んだ体験談を記事風LPにしたとします。

記事風LPのゴールは、ページ来訪者がサプリメントに興味を持ち、商品ページなどの通常LPに繋がるリンクをクリックすることです。

そのためには、ページ来訪者が共感できるストーリー作りが必要不可欠です。

DOER

ここが一番重要なので、じっくり時間をかけて行ってください。

例えば、下記のようなストーリーが考えられます。

  1.  海で水着を着る予定があり、あと3㎏痩せたいと思った
  2.  少し心配だっだが、初めてサプリメントを使うことにした
  3.  飲みやすく毎日続けられて、1カ月後に自然と3㎏体重が落ちていた
  4.  海では友達に体形を褒められた
  5.  嬉しかったのでサプリメントを他の人にもおススメしたい

 

ページはWebメディアの記事風に

冒頭でもお伝えしましたが、記事風LPで広告色を出しすぎるのは良くありません

読者を煽りすぎず、メディア記事のような自然な言葉づかいを心がけましょう。

特に気を付けてほしいポイントは以下の3点です。

①タイトル:セールスにありがちなキャッチコピーは使わない
 BAD:サプリでラクして3kg激減!水着姿だって怖くない★
 GOOD:海やプールのイベント前に!おすすめのサプリ体験談

②導線ボタンには「売り込みワード」を使わない

申し込みや購入ページにつなげるボタンなども、過剰に購入を促すような文言を使うのは避けましょう。
 BAD:ご購入はいますぐコチラをクリック!
 GOOD:〇〇について詳しく知りたい

③色使いや使用するマークも気を付ける

ページの色使いや、記事中で使用する文字に配慮することも大切です。
黄色や赤などのはっきりした色は情報商材の販売ページなどにも使われることが多く、読者に不安な気持ちをあたえかねません。
また、「!」や「!?」などの文字を使いすぎないようにしましょう。

 

大切なのは共感と信頼。見込み客の課題に寄り添い道筋を示して

記事風LPには、行動を起こしてもらうためのストーリー作りが大切だとお伝えしました。

しかし大前提として、効果や導入事例を実際より大きく見せるような嘘は絶対にやめましょう

ページ来訪者の悩みや課題を理解しつつ、自社のサービスが提供できる範囲で課題解決までの道筋を示してあげることが大切です。

 

最後に:ページの効果測定で繰り返し改善を

記事風LPを作る際は、事前に見込み客の心情を想定し、ページ来訪からコンバージョンまでのストーリー作りを行うことが何よりも大切です。

ぜひ、今回お伝えしたステップを踏まえて作成を進めてみてください。

また、通常のLPがそうであるように、記事風LPにも効果測定と改善施策の繰り返しが欠かせません。

記事風LPを作ったら、ページからコンバージョンに繋がっているかどうか効果測定を定期的に行い、改善を積み重ねていってください。

DOER

みなさんのサービスや事業をより多くの人に知ってもらえるように、最適な記事風LPを作っていきましょう。