SEOコンテンツ作りを極める!キーワード選びから構成作りまで徹底解説

SEOキーワード 記事構成

SEOには質の高いコンテンツが必要不可欠!」とはよく聞く話ですよね。

しかし、具体的にどうやって質を上げるのかが分からないWeb担当者の方も多いのではないでしょうか?

DOER

この記事では、そんな悩みを抱えている方や、手探りでサイトを運営しているメディア担当者の方のために、SEOコンテンツの質を高める方法を分かりやすく解説しています。

 

質の高いコンテンツとは「ユーザーニーズを満たすコンテンツ」

SEOで高い評価を受けるためには「検索キーワードに対してどれだけ満足できる回答を返せるか」が大きなポイントとなります。

つまり、質の高いSEOコンテンツとは「ユーザーニーズを満たすコンテンツ」と言い換えることができます。

そのため、質の高いSEOコンテンツを作るためには、検索キーワードに隠されたユーザーニーズを正しく読み取り、それに応じたコンテンツ作りを意識することが大切です。

 

ユーザーニーズを満たすコンテンツは上位表示される

Googleは「良い検索エンジン」について次のように定義しています。

完璧な検索エンジンとはユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである。

ここからも、検索エンジンはユーザーニーズにマッチするコンテンツを高く評価するということがわかりますよね。

加えて、現在では「独自性」や「読みやすさ」というようなポイントも重視されるようになりました。

DOER

ネット上にはコンテンツがあふれているので、似たような記事を書いてもユーザーに価値は感じてもらえません。
自分の経験に沿った記事を書くなど、競合が真似しづらいコンテンツ作りも意識しましょう。

 

アクセス数もコンテンツの質に左右される

コンテンツの質はWebサイトのアクセス数にも大きく影響します。

コンテンツの質が高く、ユーザーニーズを満たすものであれば、読者はきっとコンテンツをブックマークし、何度も読み返してくれることでしょう。
SNSやブログなどでコンテンツを紹介し、積極的に拡散してくれるかもしれません。

一方、質の低いコンテンツはブックマークされることもなければ、サイトに再び訪れたいという気持ちにさせることもありません。

DOER

リピートユーザーを増やすためにも、ユーザーニーズを満たす室の高いコンテンツを作りましょう。

 

コンテンツSEOを成功させるポイント

「ユーザーニーズを満たすこと」が質の高いコンテンツ作りに必要不可欠だとお伝えしてきましたが、残念ながらそれだけで上位表示されるわけではありません。

以下のポイントも併せて意識することで、コンテンツSEOを成功に導きましょう。

 

市場ニーズがある内容をコンテンツにする

コンテンツSEOを行う場合、前提としてそのコンテンツに一定の市場ニーズがあることが重要です。

どんなに良いコンテンツでも、その情報を求めている人が少数であればほとんど検索もされず、集客することが難しいからです。

そもそも、コンテンツSEOを行う目的は「より多くの人に自社のサービスや商品を知ってもらうこと」だと思います。
よほどニッチなサービスでない限り、多くの人が求めている情報をコンテンツにしましょう。

 

継続的に更新し続けられる体制を作る

継続的にサイトを更新できるように組織体制を整えることも大切です。

コンテンツSEOはコンテンツを蓄積することによって効果を発揮するマーケティング手法です。
そのため、数ヶ月程度の短期間運営ではなかなか効果が出ません。

コンテンツ作りは外部に委託する場合もあれば、自社内で内製化するケースもあるでしょう。

そのどちらにおいても、最低でも6ヶ月間は継続的にサイトを更新できる体制を作り上げましょう。

DOER

なお、自社サービスの顧客獲得が目的の場合は、できるだけ自社内でコンテンツ作成することを私はおすすめしています。
その方がより想いのあるリアルなコンテンツが作れるからです。

「社内には優秀なライターがいなくて……」と考える方もいるかと思いますが、これからお伝えするポイントを理解すれば、特別な能力は必要ないはずです。

 

上位検索されるSEOコンテンツの作り方

この段落では、具体的なコンテンツの作り方を説明していきます。

SEOコンテンツは、基本的に下記の順番で作ります。

SEOコンテンツの作り方
  1. キーワードを抽出する
  2. 構成を作る
  3. 本文を書く

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.ユーザーニーズに沿ってキーワードを抽出する

SEOコンテンツ作りにおいて、キーワード選びは非常に大切です。
キーワードこそが、コンテンツの肝となる重要ポイントだからです。

DOER

検索キーワードは、ユーザーが求めている情報を端的に表したものです。
コンテンツは、その検索意図=ユーザーニーズに応えられるように心がけましょう。

 

キーワードはメディアのミッション(目的)に合わせて選びましょう

ツールはキーワードプランナーやgoodkeywordsといったツールを中心に使っていきます。

もっと詳しくキーワードリサーチの方法が知りたい!」という方は、SEOキーワードリサーチで効果的にサイト集客!必要なのは5つのステップを読んでみてください。

SEOキーワード リサーチ SEOキーワードリサーチで効果的にサイト集客!必要なのは5つのステップ

 

2.ユーザーニーズを元に構成を決める

キーワードが抽出できたら、次に構成を決めます。

DOER

構成をしっかり考えることは、ユーザーが理解しやすいコンテンツ作りに欠かせません。

また、後々記事を書いていく過程でも格段に楽になります。
このステップは手を抜かずに行っていきましょう。

当メディアの「見込み客のリスト管理法。成約までつなげるステップとは」を例に出しつつ、より具体的に解説していきます。

  • 参考記事:見込み客のリスト管理法。成約までつなげるステップとは
  • 狙っているキーワード:「見込み客 リスト管理」

 

1.読者の課題を考える

キーワードが決まったら、「見込み客 リスト管理」で検索する読者の課題を考えます。

この場合は「見込み客をどのようにリスト管理したら良いのかわからない……」と悩んでいるのではないか、と考えられます。

同じような悩みを抱えていた頃の自分が何に悩んでいたのかを思い出してみると、下記のような「読者の課題」が見えてきました。

  • 見込み客のリスト管理の方法が知りたい
  • 膨大なリストの優先順位付けがわからない
  • 各見込みリストにどんなアプローチが必要か分からない

DOER

このように、読者の課題が具体的に作れたら、必要な情報の要素をリストアップしましょう。

読者の課題から考えた必要な情報要素メモ▼

  • リストの分類の基準
  • 見込み顧客の優先順位づけの方法
  • 具体的なアプローチの手順

 

2.市場ニーズを探る

読者の求めていそうな情報を考えたら、より広い視点でニーズを探っていきます。

まずは実際に「見込み客 リスト管理」のキーワード検索をして、1ページ目に表示されている10個の記事を流し読みしてください。
上位表示されている記事こそが、ユーザニーズに合っている記事だからです。

ページを見ていくと「他の人はこんなことも知りたいんだ」といった思わぬニーズが見つかったりします。

どの記事にも共通している重要なニーズは、先ほどのメモに追加していきましょう。

DOER

ただし、基本的には「自分が経験したこと」を書くべきで、そのオリジナリティが他のサイトとの差別化につながります。
市場ニーズを探りつつ、必ず実体験を混ぜるようにしましょう。

 

3.キーワードを入れた見出しで構成を作る

ここまでできたら、次は実際の構成を決めていきます。

構成は、基本的には「大見出し」と「小見出し」で作ります。

MEMO
見出しには最初に決めたキーワードを1つ以上いれましょう。
多く入れると不自然ですし、Googleからペナルティを受けて表示順位が下がってしまう場合もあります。

見出しの付け方は「それを読んだだけで書かれている内容がわかる」というのがポイントです。

例えば「リスト管理のポイントとは?」という見出しでは、何がポイントなのかさっぱりわかりません。
「リスト管理のポイントは〇〇」というようにしましょう。

大見出しの数はひとつの記事に対して3つ以上、小見出しは大見出しに対して2つ以上作ります。
見出しが少なすぎると読者が読みにくく、見た目もよくないからです。

 

4.思わずクリックしたくなるタイトルを

タイトルにも必ずキーワードを入れましょう

検索結果の1ページ目には10個の記事が表示されますが、それらの記事と並んだときに思わずクリックしたくなるようなオリジナリティあるタイトルをイメージして考えてください。


ここまでのステップを整理すると、下記のようになります。
「1」を大見出し、「1-1」を小見出しで記載しています。

キーワード:「見込み客 リスト管理」

構成▼
タイトル:見込み客のリスト管理法。成約までつなげるステップとは
1.見込み顧客へのアプローチ法は興味度合で変える
 1-1「知りたい」「買いたい」の意識レベルは人それぞれ
1-2アプローチは見込み顧客の状態に合わせて
2.リスト管理は属性ごとに4つに分類する
 2-1ニーズもウォンツも高い「いますぐ客」
2-2ウォンツ意識が低い「お悩み客」
2-3ニーズ意識が低い「そのうち客」
2-4ニーズもウォンツも低い「まだまだ客」
2-5全ての見込み客は「いますぐ客」にできる
3.意識レベル別!見込み客へのアプローチ法
 3-1「いますぐ客」はクロージングを進め成約に導く
3-2「お悩み客」は欲求を高めて「いますぐ客」に
3-3「そのうち客」は必要性を訴えて「いますぐ客」に
3-4「まだまだ客」は関心をもってもらえるような啓蒙を
4.まとめ:リスト管理はアップデートも重要。意識変化を見逃さないで

 

3.構成に合わせて本文を書く

構成ができたら、いよいよ本文を書いていきます。

DOER

構成さえしっかりできていれば、あとは簡単。
各見出しに合った内容を、自分の言葉で丁寧に書いていきましょう。

 

語尾や言い回しは要注意。ユーザー目線に立ったテイストを

語尾や言い回しによって、読み手が受ける印象は大きく変わります。
メディアの世界観やターゲットに合わない言い回しは避けましょう

特に、外部ライターを複数抱えてコンテンツ作りを行う際は注意が必要です。

人によって文体が異なるので、統一性をもたせるために運営側が基準となるルール作りを行うことも有効です。

メディアルールの例▼

  • タイトルに「!」や「!?」は入れない
  • 断言しない(「~しましょう」⇒「~するのがおすすめです」)
  • 「食べれる」「見れる」などの「らぬき言葉」を使わない
  • 「思います」「考えられます」など自分の主観を表す言葉を使わない

 

文章量とテンポにも気を付ける

現在はスマホで隙間時間を使って記事を読むユーザーも増えているため、文章量や文章のテンポにも気を付けましょう。

特に、句読点や接続詞が多すぎるとテンポが悪くなり、非常に読みにくくなってしまいます。

MEMO
「つまり」「また」などの接続詞は、ほとんどの場合なくても違和感がありません。
接続詞に頼りすぎず、歯切れの良い文章を心がけましょう。

 

4.全体を見直しブラッシュアップ

記事を書き終えたら、少し時間をあけて全体を見直しましょう。

勢いよく書いたコンテンツほど、後から見直すと辻褄が合っていなかったり、誤字脱字があったりするものです。

DOER

コンテンツが完成するとすぐに公開したくなりますが、ここは一旦グッと我慢しましょう。
その我慢が、コンテンツの質をより高めることに繋がるはずです。

 

最後に:そのコンテンツは「誰」に向けたものかを考え抜いて

SEOコンテンツ作りで何よりも大事なことは、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供することです。

自分のコンテンツを読む前に抱えていた悩みが、読んだ後ではどんな状態になるのが理想なのか。
それをじっくり考えながら、コンテンツ作りを行っていきましょう。