SEOキーワードリサーチで効果的にサイト集客!必要なのは5つのステップ

SEOキーワード リサーチ

せっかくコンテンツマーケティング用のサイトが完成しても、どのようなテーマで記事を書いていけばいいのか分からない……。

ユーザー

なんとなく会社のサービスに合っていそうなテーマで記事を書いてみたものの、アクセスは伸びないし、問い合わせも来ない……。

ユーザー

こうしたお悩みは珍しくありません。

頑張って作業をしているのに、結果に繋がらないのはつらいですよね。

今回は、そんな状況を回避するべく「コンテンツマーケティングにおける適切なキーワードリサーチの方法」について解説していきます。

記事のテーマとなるキーワードは、コンテンツマーケティングの肝

これさえ選定できれば、あとはキーワードに合わせてコンテンツを作成するだけで、効果的にサイト集客ができるようになりますよ

 

効果的なサイト集客は適切なSEOキーワードの選定から

Googleなどで検索されているキーワードは、ユーザーの悩みや課題をシンプルに表したものです。

「キーワードリサーチ 方法」と検索している人はキーワードリサーチの方法を知りたい人でしょうし、

「SEOとは」と調べている人はSEOの意味を知りたい人でしょう。

DOER

多くの人に検索されているキーワード=多くの人が求めている情報」なので、ユーザーにとって価値あるコンテンツを作るためには、キーワードをリサーチすることが大切です。

 

キーワード選定は顕在ニーズと潜在ニーズを把握することが大切

キーワードリサーチは専用のツールを使って進めていきます。

しかし、ネット上のデータをもとにした解析ツールで抽出できるキーワードはあくまで「ユーザーのニーズの一部」で、すべてではありません。

より価値のあるコンテンツを提供するためには、必ず既存顧客へのリサーチも行い、顕在的に、あるいは潜在的に求められている情報をしっかり把握していくことが大切です。

 

ツールを組み合わせて成果の出るキーワードリサーチを

キーワードリサーチを行うための無料ツールは数多く提供されています。

それぞれのツール特性を理解して目的に合わせた使い分けを行い、効率的にリサーチを進めていきましょう。

なお、キーワードリサーチ用の無料ツールについては、記事後半で詳しく紹介しています。
ぜひ最後までご覧ください。

 

5つのステップでできる!SEOキーワードリサーチの方法

よりイメージしやすいように、下記のような会社があったとしましょう。

企業名   :株式会社グッドスーツ
サービス内容:オーダーメイドスーツのネット販売
サイト名  :スーツの情報室

「株式会社グッドスーツ」は、オーダーメイドスーツの新規顧客獲得のために「スーツの情報室」というコンテンツマーケティング用のサイトを作りました。

今回は、そのサイトを例に取ってSEOキーワードリサーチの方法をご紹介します。

 

1.既存顧客のニーズから主要SEOキーワードを決める

DOER

まずは既存顧客のニーズを洗い出し、リサーチの軸となるSEOキーワードを決めましょう。

購入や申し込みに繋がりやすいSEOキーワードを見つける一番の近道は、実際に自社のサービスや商品を利用してくれた顧客のニーズを知ることです。

既存顧客からキーワードをピックアップする場合は、

ポイント
・顧客情報や購入履歴などのデータをリサーチする

・アンケートやインタビューを行い、購入した経緯や理由を明らかにする

などの方法がオススメです。

「スーツの情報室」を例に取って見てみましょう。

▼顧客アンケート・顧客情報などの結果
Q.あなたがこのサービスを利用した理由を教えてください。
A.肩幅が広くて既製品のスーツがどれも合わないので、オーダーメイドスーツの購入を決めました。
■ 購入に至ったキーワード:「スーツ 肩幅」

例えば、オーダーメイドスーツを購入した理由が「自分の肩幅に合うスーツが見つからないから」だとしたら、「どうやら市場にはスーツの肩幅が自分に合わないという悩みがありそうだ」ということがわかります。
この場合は「スーツ 肩幅」がSEOキーワードになります。

このように「既存顧客のニーズをリサーチしてSEOキーワードにする」という作業を繰り返し、SEOキーワードのリストを作ります。

 

2.キーワードプランナーで検索需要を調査

DOER

主要なSEOキーワードがリストアップできたら、Googleが提供するキーワードプランナーで検索ボリュームをチェックしましょう。

「SEOで狙うべき検索ボリュームの目安はどれくらいですか?」

という質問をよくもらいますが、結論から言うと、1記事で上位表示を狙うなら、月間100~1,000以下の検索ボリュームが狙い目です。

  • 検索ボリュームが100未満の場合:市場ニーズがあまりないので記事を書く必要性も低い
  • 検索ボリュームが1000以上の場合:競合が多く、ひとつのキーワードに対して関連する記事を複数書かないと上位表示が狙えない

 

ただし、B to B向けのキーワードはそもそも検索ボリュームが少ないケースがほとんどですので、注意が必要です。
例えばこのような例です。

 SEOキーワード

赤枠内のキーワードの月間検索ボリュームは非常に少ないですが、ターゲットとなるユーザーにとっては必要な情報です。
検索が少ないからといって除外してしまうと機会損失に繋がる恐れがあるので、自社サービスとの親和性を加味し、SEOキーワードに加えるかどうかをよく検討しましょう。


キーワードプランナーでは月間の検索数や競合性、月ごとの検索推移などを見ることができます。
キーワードや数値のダウンロードもできるので便利ですよ。

キーワードプランナーの使い方の例▼

  • 「スーツ 肩幅」の検索ボリューム:250/月⇒リストに入れる
  • 「スーツ 90歳」の検索ボリューム:80/月⇒リストから除外

 

3.goodkeywordsで関連語をリストアップ

適切な検索ボリュームのSEOキーワードが選定できたら、そのキーワードと一緒に調べられている関連語をgoodkerywordsでリストアップしていきます。

このような複数のキーワードが組み合わさったものを「ロングテールキーワード」といいます。

ロングテールキーワードとは:
「スーツ 肩幅」のように、複数の単語が組み合わさったキーワード。
「スーツ」のように一単語のみのキーワード=ビッグキーワードに比べると検索ボリュームが小さいものの、ユーザーニーズがより明確になっていることが多く、成果に繋がりやすいと考えられる。

ロングテールキーワードを使ってSEO対策をしていくことで、より確度の高い潜在顧客にアプローチすることができます。


goodkeywordは、GoogleのほかYahoo!やBingなどの検索エンジンごとに関連キーワードを表示してくれます。

goodkeywordsで「スーツ 肩幅」と検索したときの実際の画面を見てみましょう。

表示された関連キーワードはコピー&ペーストするなどしてリストアップしておきましょう。

 

4.Related-Keywordsでサジェストワードを広げる

キーワードプランナーやgoodkeywordsにも出てこない潜在的なニーズをさらに深堀りするときに便利なのがRelated-Keywordsです。

Related-Keywordsにキーワードを入力すると、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などのQ&Aサイトに寄せられている質問も表示してくれます。

DOER

Q&Aサイトに多く集まっている質問は見落としがちなユーザーニーズをカバーする要素になるので、ぜひSEOキーワード選定の参考にしてください。

Related-Keywordsで「スーツ 肩幅」と調べると、Q&Aサイトの下記のような質問が出てきます。

  • スーツの上に着るコートの肩幅の目安は?
  • スーツの肩幅を広げてもらうことって可能でしょうか?
  • スーツ、ジャケットの肩幅寸法の許容範囲は前後何ミリくらいでしょうか?

上記の質問から「スーツ 肩幅 目安」「スーツ 肩幅 広げる」「スーツ 肩幅 許容範囲」のようなSEOキーワードが考えられます。

 

5.キーワードリストから取捨選択する

ここまでのステップをすべて終えると、皆さんの手元にはかなりの量のSEOキーワードが集まっていることと思います。

そのなかから重複するキーワードや自社のサービスにそぐわないキーワードを除外したら、SEOキーワードリストの完成です。

 

最後に:SEOキーワード選定はコンテンツ作りの第一歩

ここまで説明をしておいてなんですが、SEOキーワードの選定プロセスはSEO対策の始まりにすぎません。

重要なステップではありますが、いくらキーワードを分析したりリサーチしたりしても、実際のコンテンツの質が低いとユーザーを満足させることができず、結果的に上位表示も狙えません

DOER

SEOキーワードリサーチは大切なステップですが、とはいえあまり時間をかけすぎず、コンテンツ作りを頑張りましょう。

 

SEOコンテンツの作り方については「SEOコンテンツ作りを極める!キーワード選定から構成作りまで徹底解説」の記事が参考になると思うのでぜひ読んでみてください。

SEOキーワード 記事構成 SEOコンテンツ作りを極める!キーワード選びから構成作りまで徹底解説