SEO内部対策には内部リンクが重要?今からできるサイト改善術

SEO内部対策 内部リンク

「SEOの内部対策」は行なっていますか?

Web集客のためにSEO対策が大切だとわかっていても、最初からサイト内部のSEO対策をしっかり行っているメディアは意外と少ないです。どんなに質の良い記事を書き続けても、しっかり内部対策ができていないと上位表示されることはありません。

この記事では、私自身も実践してきた「内部SEO」について分かりやすく解説していきます。

サイト内で行う「内部SEO対策」の2つの役割

SEOは大きく分けると「外部対策」と「内部対策」の2つがあります。

簡単にいうと「外部対策」は他のサイトに自分のサイトを評価してもらう対策、「内部対策」は自分のサイトの中身を改善してGoogleに評価してもらうための対策です。

以前は、SEOには外部対策の方が効果があるといわれてきましたが、現在では内部対策の方が重要視されるようになりました。内部対策には主に2つの役割があるので。1つずつ説明します。

1.クローラーにサイト内を巡回してもらう

内部対策の一つ目の役割は、クローラーをサイトに呼び込んでサイト内の記事を巡回してもらうことです。

ネット上には「クローラー」という検索ロボットが巡回していて、サイトに訪れてはコンテンツ情報を持ち帰ります。このクローラーがサイトに来てくれないとGoogleがコンテンツの価値を判断することもできないので、記事が検索結果に表示されることもありません。

2.検索エンジンにコンテンツ内容を伝える

内部対策のもう一つの役割は、コンテンツの内容を正しく検索エンジンに伝えることです。

検索した際にGoogleが表示している記事の順位は、サイトのテーマやコンテンツの内容をもとに決めています。

SEOと検索エンジンの関係をもっと知りたい方は「初心者でも分かる検索エンジンの仕組みと3つのポイント」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

内部対策のなかでも超重要!内部リンクの設計

Googleに評価されるための内部対策で最も重要なのは、「内部リンクの使い方」です。

内部リンクは上位表示させたいページに集める

内部リンクとは、自分のサイトの記事からサイト内の別の記事ページに移動させるためのリンクのこと。このリンクを貼ると貼らないのでは、アクセス数に大きく差がでます。

しかし、単純にリンク数が多ければ良いというわけではありません。ポイントは「関連性が高い記事にリンクを貼る」ということです。

 

例えば、「SEOキーワードの選び方が知りたい」と悩んでいるユーザーが訪れたときは、サイトへのアクセスを増やしたいはずなので「検索で上位表示できる記事の書き方」という記事のリンクを貼っておくと、その記事へ移動する可能性が高いです。「サイトカラーの選び方」というような関連性のない記事のリンクを貼っても、移動してくれないので意味がありません。

内部リンクは上位表示させたいページに集める

内部リンクは上位表示させたいページに集めると効果的。

そのためには順位を上げたいページと「関連性の高いページ」を複数作り、そのページから内部リンクを集めることが必要です。

具体例で解説しましょう。

 

良い例

TOP>英会話>独学で勉強する方法>英会話系Youtubeチャンネル

 

悪い例

TOP>英会話>独学で勉強する方法>英会話教室

 

英会話というキーワードで検索ボリュームが大きい「英会話 独学」のアクセスを増やすために内部リンクを集めようとした場合、英会話教室についてのページから英会話の独学ページにリンクを貼るよりも、英会話Youtubeチャンネルについてのページから英会話の独学ページにリンクを貼った方が移動してくれる可能性が高いです。

しかし、上記の悪い例のような「もったいない内部リンクの貼り方」をしているサイトが結構あります。内部リンクの設計は、記事を大量に作ってしまってから行うとかなり大変なので、サイトの企画段階からしっかり行いましょう。

リンクはテキストで記事中に入れるのが効果的

せっかく内部リンクを入れても、クリックされなかったら意味がありません。

読者の目線でどんな場所にリンクが入っていたら便利か考えて対策しましょう。

記事の最後に入れるよりも、テキストで記事の中でリンクを貼ることがおすすめです。

【例】


合わせて「
SEOコンテンツの作り方。キーワード選びから構成作りまで徹底解説」も確認してきましょう。

SEO強化のためにおさえたいページ内の対策

内部リンクが大事!といいましたが、内部リンクの最適化以外にも内部対策は色々あります。下記の3つも合わせておさえておきましょう。

1.  1ページで対策するキーワードは1つに絞る

1つの検索キーワードに対して、1つの記事を書きましょう。

例えば、「英会話 教科書」と「英会話 動画」の両方のキーワードで上位表示をとりたい場合、「おすすめしたい英会話の教科書と動画」というタイトルで記事を書くことはおすすめしません。

2つのキーワードで書いてしまうと記事内の情報がまとまらず、検索エンジンは内容を把握することができません。読者に読みやすく価値ある情報を届けるためにも、1つのキーワードで1つの記事を徹底しましょう。

記事タイトルは必ずSEOキーワードを入れる

記事のタイトルには、そのページで上位表示を狙っているSEOキーワードを必ずいれましょう。タイトルを見ただけで内容を予測できる記事は、検索エンジンにとっても読者にとっても分かりやすいのでおすすめです。

見出しタグを使いページ を構造化させる

記事はh2やh3などの中見出し、小見出しを使って、文章の構造を分かりやすくしましょう。ページを構造化させるとクローラーが適切にコンテンツを評価できるようになります。

合わせて「SEOキーワードリサーチの5つのステップ。適切なリサーチの方法とは?」も確認しておきましょう。

最後に:内部対策は下準備が大事。

内部対策のポイントを一言でいうと、「クローラーにとって分かりやすいサイトにすること」です。「クローラーが認識しやすいサイト=読者にとっても見やすいサイト」なので、しっかりと内部対策を行うことでGoogleに評価してもらえるようになります。

ある程度記事を作成してから内部の改善を行うこともできますが、早く上位表示されるためにも、できるだけ早い段階でサイトの構造をしっかり考えましょう。