Webライターが覚えたい効果的な見出しの作成方法

見出し作成方法

社内でいきなり「サイトを作って!」と言われたメディア担当者や、駆け出しのWebライターにとって、サイト集客に効果のある見出しを考えるのはなかなか大変なことです。

しかし、見出しは読者や検索エンジンに記事の存在を知ってもらうための大切なもの。
見出しは、本文と同じくらいサイトの価値に影響すると考えても良いでしょう。

この記事では、構成や見出しの付け方に行き詰まっている方に向けて、できるだけ分かりやすく見出しの作成方法を解説しています。

ぜひ、今後の見出し作成の参考にしてください。

Web記事作成で重要な見出しの役割

本や新聞もそうですが、基本的に、すべての読み物には見出しがついています。

DOER

なぜ見出しが必要なのでしょうか?

伝えたい要点をはっきりさせる

見出しには、本文の中でも特に重要なメッセージを分かりやく伝えるという役割があります。
文字が多くなれば多くなるほど、見出しがないと何を言いたいのかよくわからなくなってくるからです。

注意
Web記事の場合は、スマホを使ってスキマ時間で読まれることも多いので、短い時間で的確に要点を伝えるためにも見出しが欠かせません。

 

見出しは検索順位にも影響する

ネット上で書かれる記事の見出しは、検索順位にも大きく影響します。

Googleなどの検索エンジンでは、クローラーとよばれるロボットがネット上を巡回してコンテンツの内容を集めていきます。

検索エンジンで記事を適切に評価してもらうためにも、見出しはしっかり考えていく必要があります。

MEMO
ロボットなので、記事の隅から隅まで読んで理解できるわけではありません。
ではどうしているかというと、見出しに書かれたキーワードから内容の要点を把握したり、どのような話が展開されているのかを認識しているのです。

 

Webライティング初心者必見!見出し作成のポイント

それでは、具体的な見出しの付け方のポイントを解説していきます。

読んだだけで内容が分かる見出しにする

見出しの付け方を考える前に、みなさんもいくつかのWeb記事を読んでみてください。

見出しを読んでいくだけで記事が言わんとする内容がなんとなく分かれば、それは良い見出しです。

 

MEMO
例えば「SEOキーワード選びの秘訣とは?」という見出しではどうでしょうか。
この見出しだと、SEOキーワード選びの秘訣が何なのか、見出しを読むだけではよくわかりません。

見出しは「SEOキーワード選びの秘訣は〇〇」というように具体的に書き、記事本文で詳細を説明するようにしましょう。

見出しを考える=記事の構成を考える」なので、どんな見出しを付けるかで構成も変わってきます。

構成の作り方について詳しく知りたい方は、「SEOコンテンツの作り方。キーワード選びから構成作りまで徹底解説」を読んでみてください。

SEOキーワード 記事構成 SEOコンテンツ作りを極める!キーワード選びから構成作りまで徹底解説

見出しタグを使って構造化させる

Web記事では、見出しを「h」のタグを使って表します。

見出しタグを使うと、文章が構造化されて、どんな展開で話が進められているのかを検索エンジンが認識しやすくなるので、結果的に検索順位も上がりやすくなります。

MEMO
多くのサイト制作ツールでは、手入力でタグを入れなくても自動的に見出しが作れるようになっていますが、よく使われる「大見出し」「中見出し」「小見出し」の3つのタグだけ覚えておくと、なにかと便利です。


h1:大見出し

h1のタグはタイトルに使われます。
必ず狙いたいSEOキーワードを入れましょう。

例えばこの記事では「見出し 作成」という検索キーワードで上位表示させたいので、「Webライターが覚えたい効果的な見出しの作成方法」というタイトルにしています。


h2:中見出し

h2の中見出しタグは本文で使います。
分かりやすい構成にするために、2,000文字の文章あたり3つ程度の中見出しを作ることをおすすめします。


h3:小見出し

h3の小見出しタグはh2の下の階層です。
なので、当たり前ですが、必ずh2の下に入れるようにしましょう。

分かりやすい構成を作る際のポイントとしては、「h2の答え=h3」という関係にすることです。
例えば、この記事で使われている中見出し「Webライティング初心者必見!見出し付けのポイント」では下のような構造になっています。
「h2(見出し付けのポイント)の答え=h3」という関係性になっているのが分かると思います。


<h2>Webライティング初心者必見!見出し付けのポイント</h2>
 <h3>読んだだけで内容が分かる見出しにする</h3>
 <h3>見出しタグを使って構造化させる</h3>
 <h3>タイトルで使うSEOキーワードを入れる</h3>
 <h3>メインキーワードの関連キーワードを入れる</h3>


タイトルで使うSEOキーワードを入れる

見出しには、タイトルで使うSEOキーワードを入れましょう

DOER

この記事では「見出し 作成」がタイトルに使っているSEOキーワードなので、中見出しにも1回入れています。

注意
ただし、同じキーワードを何回も使うと不自然ですし、Googleからペナルティを受ける可能性もあるので、使いすぎには注意が必要です。

メインキーワードの関連キーワードを入れる

小見出しには、タイトルで使ったメインキーワードに関連するキーワードも入れましょう。
関連キーワードは、メインキーワードと一緒に検索されているキーワードなので、ユーザーが同時に知りたいと思っている可能性が高い情報だからです。

関連キーワードは、メインキーワードをGoogleで検索して、検索結果画面の一番下に表示される「〇〇に関連する検索キーワード」の中から選びます。

最後に:効果的な見出しでアクセス数をアップさせよう

見出しをしっかり作ることは、読者や検索エンジンに効果があるだけではなく、ライター自身の仕事効率化にもつながります。

本文からいきなり書き始めると、途中で論理が破綻したり何を言いたかったのか分からなくなってしまい、行き詰まってしまうことも少なくありません。
事前にしっかりと見出しを考えれば、あとは見出しに合わせた内容を本文で書いていけばいいだけです。

DOER

書いた記事をより多くの人に読んでもらえるように、効果的な見出しを作成しましょう!