検索順位を上げる「良質なSEOコンテンツ」の作り方とは

検索順位が上がる SEOコンテンツ

サイトの検索順位を上げるためには「質の高いコンテンツ」作りが大切だといわれています。

しかし、時間をかけて丁寧に記事を書いているつもりなのに、なかなか検索順位が上がらない……。
そう悩む方は少なくありません。

DOER

このような場合、Web上のコンテンツ作りで重要とされる「質の高い」状態をはき違えて解釈している可能性があります。

そこでこの記事では、検索順位決定の仕組みや、本当に「質の高い」なコンテンツを作る方法について、分かりやすく解説します。

Googleが掲げているミッション

googleが掲げる10の事実

サイトの検索順位は、Googleのアルゴリズムによって変動します。
そのため、検索順位を上げるためには、Googleが何を基準にアルゴリズムを決めているのかを理解することが大切です。

Googleはアルゴリズムを決める判断基準をはっきりとは公表していません。

しかし、Googleが発表している「Googleが掲げる10の真実」を読むと、Googleがサービスを提供するうえで何を大事にしているのかが浮かび上がってきます。


「Googleが掲げる10の真実」の冒頭に掲げられているミッションにはユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくるとあります。

このミッションをサイト作りに置き換えて考えればユーザーにとって有益なコンテンツを届ければ、検索順位は必然的に上がってくるとなります。


Googleは日々アルゴリズムのアップデートを行っています。

ですが、サイト運営者がこのGoogleの考え方をしっかり理解してさえいれば、アップデートが行われても大きな順位の変動はないはずです。

Googleの検索順位が上がる仕組み

検索エンジン 仕組み

サイトの検索順位を上げるためには、Googleの理念に沿ってユーザーにとって有益なコンテンツを届けることが必要だということがわかりました。

DOER

では「有益なコンテンツ」とは、何を基準に判断されるのでしょうか。

Googleの評価基準は大きく下記の2つに分けられるといわれています。

  1. ユーザーニーズを満たすコンテンツをもつWebページ
  2. 良質なリンクが多く集まるWebページ

Googleは、検索ユーザーの悩みや課題を解決してくれるページを高く評価します。

また、「良質なリンクが多く集まる」――つまり、多くの人がそのサイトを紹介したいと思っている=有益なコンテンツであると考え、被リンク数も評価対象としています。

注意
このとき気をつけたいのが、Googleが評価するのはあくまで「良質なリンク」であるということ。

ひと昔前までは、被リンク元の質までは評価対象に入っていなかったため、量産したブログページや中身のないWebサイトに対象サイトのURLを貼り付け、被リンク数を増やすというSEO対策が広く行われていました。

しかし、被リンク元の質も判断基準に含められた現在では、この対策はほとんど意味をなさないばかりか、場合によってはペナルティの対象となってしまう恐れもありますので注意しましょう。

詳しくは「初心者でも分かる検索エンジンの仕組みと3つのポイント」で解説しているので、参考にしてみてください。

検索エンジン 仕組み 初心者でも分かる!検索エンジンの仕組みと3つのポイント

検索順位を上げるために効果的なSEO対策の基本

キーワード選定

次に、検索順位を上げるための具体的な対策について解説していきます。

対策するSEOキーワードを選定する

Webページを上位表示させるためには、ユーザーが検索するキーワードを知り、そのなかから自社のサイトで狙うキーワードを選ぶ必要があります。

DOER

例えば、この記事は「検索順位 上げる」で検索されたときに上位表示されることを狙って書いています。

あなたも、自社の運営するメディアのテーマに沿って上位表示を狙うキーワードを洗い出し、そのキーワードをメインに据えたコンテンツを作ってみましょう。

キーワードを選ぶポイントや具体的な方法については「キーワードとメディアミッションで決めるコンテンツプランニング作成術」を参考にしてください。

メディアは計画が全て。コンテンツプランニング術を公開

専門性のあるオウンドメディアを作る

Googleが検索順位を決める際には、ページ単位の情報だけではなく、サイト全体も評価の対象に含めているといわれています。

つまり、サイト全体で取り扱うテーマが統一されているような「専門性の高いコンテンツ」を提供しているサイトは、より上位表示されやすくなるということです。

MEMO
サイト全体のテーマが統一されていると、ひとつのページだけではなく関連する他のページを読んでもらえたり、ページの更新を楽しみに待ってくれるファンユーザーを作ることにもつながります。

見出しタグ(hタグ)をコンテンツに入れる

h2タグDOER

Webページでは、タイトルや見出しを「h」のタグを使って表します。
上の画像の赤枠部分がhタグになります。

見出しタグを使うと文章が構造化され、どんな展開で話が進められているのか検索エンジンが認識しやすくなるので、結果的に検索順位も上がりやすくなります。

詳しい見出しタグの使い方については「Webライターが覚えたい効果的な見出しの作成方法」を参考にしてください。

見出し作成方法 Webライターが覚えたい効果的な見出しの作成方法

内部対策をしっかり行う

クローラー巡回

内部対策は、自分のサイトの中身を改善してGoogleに評価してもらうための対策です。

内部対策をしっかり行うと、クローラーとよばれるロボットがサイトの内部を巡回してくれてコンテンツ内容を理解してくれるため、検索エンジンがサイトへの評価を行いやすくなります。

また、ロボットが巡回しやすいサイト=ユーザーが回遊しやすいサイトとなるため、その点でも有益なコンテンツと評価してもらえます。

内部対策の詳しいやり方については「SEO内部対策のカギは内部リンクにある?明日からできるサイト改善術」を参考にしてください。

SEO内部対策 内部リンク SEO内部対策には内部リンクが重要?今からできるサイト改善術

外部対策も忘れずに

外部対策は他のサイトに自分のサイトを評価してもらう対策です。

簡単にいえば、他のWebサイトに自分のWebサイトへのリンクを貼ってもらうことです。

MEMO
内部対策はGoogleに正しくコンテンツの内容を伝えるために行うのに対して、外部対策は「他のユーザーからも評価されている」ということをGoogleに証明するために行います。

近年、Googleの評価基準は外部対策より内部対策に重きを置いているといわれていますが、かといって外部対策を疎かにするわけにはいきません。

DOER

まずは内部対策をしっかり行い、評価してもらえるサイトの土台を整えたうえで、外部対策に臨みましょう。

前述のとおり、以前はWebサイトやブログにリンクを貼ってもらうことが主な外部対策でしたが、現在はTwitterやFacebookなどのSNSでユーザーが自発的に紹介したくなるようなコンテンツを作ることも重要になっています。

SEOの王道は良質なコンテンツを書き上げること

これまでは検索順位を上げるための施策について解説してきましたが、SEOの王道はやはり「ユーザーにとっての良質なコンテンツ」を作ることです。

良質なコンテンツを作る上で重要なこと

テクニックを使ってGoogleに評価されやすいサイト作りをしても「ユーザーにとっての良質なコンテンツ」を目指さなければ、結果的に成果を生むサイトにはなりません。

いくらGoogleに高く評価されたとしても、最終的に成果を生み出してくれるのはユーザー自身だからです。

良いコンテンツを作るためには、「誰」の「どんな悩み」に「どれだけ自分らしく答えてあげるか」を考え抜くことが大切です。

検索ニーズをどうやって把握するのか

ユーザーにとって価値あるコンテンツを作るためには、「多くの人が求めている情報=多くの人に検索されているキーワード」を調査することが必要になります。

キーワードを調査するための無料ツールは多く提供されているため、それらを活用して検索ニーズを把握していきましょう。

ツールの選び方やリサーチの進め方については「キーワードリサーチの5つのステップ。適切なリサーチの方法とは?」を参考にしてください。

SEOキーワード リサーチ SEOキーワードリサーチで効果的にサイト集客!必要なのは5つのステップ

良質なSEOコンテンツを作ることで得られるメリット

これまでお伝えしてきたような内容をすべて行うことで、次のような効果が期待できます。

成果に繋がりやすくなる

良質なコンテンツは「ユーザーの悩みや課題を解決するコンテンツ」だとお伝えしました。

あなたも自分の課題を解決してくれるモノには好感や信頼感をもつはずです。

良いコンテンツはユーザーからの信頼を生み、商品・サービスの注文やお問い合わせといったの成果(コンバージョン)へ高い確率で誘導できるようになります。

ブランディングできる

良いコンテンツを作るためには、「誰」の「どんな悩み」に「どれだけ自分らしく答えてあげるか」を考え抜くことが欠かせません。

この「どれだけ自分らしく答えてあげられるか」ということはとても大切で、Googleも検索順位を評価する際には「独自性」を大事にしているといわれています。

DOER

自分の経験に沿ったようなオリジナリティあるコンテンツを作ることは、自分自身のブランディングにもつながります。

検索エンジンから安定的なアクセスを集めることができる

良いコンテンツを作り続けることでユーザーからの信頼が生まれ、結果的にGoogleからの評価も高くなります。

検索順位が上がればサイトへのアクセスも集まり、より多くの人に自社のサービスや商品を知ってもらえるチャンスが増えるでしょう。

最後に:ユーザーに寄り添う姿勢が最強のSEO対策

検索順位を上げるためにもっとも必要なのは、Googleのアルゴリズムに合わせたテクニックではありません。

もちろん、検索エンジンに正しく評価してもらう土台を作るために、サイト内部の構造の整備や適切なキーワード設定を行うことは重要です。
しかし一番大切なのは、「どうすれば価値のある情報をユーザーに届けられるか」を突き詰めて考える姿勢です。

DOER

あなたがユーザーに提供できる価値が大きければ大きいほど、返ってくるものも大きいはず。
価値あるコンテンツを作り続け、さらなる成果を出しましょう。