コンテンツマーケティングで成果を出す方法!絶対に必要なこと5選

DOER

最近多くの企業がコンテンツマーケティングを行なっていますが、「なかなか成果が出ない…」「どうやって進めていけばいいかわからない…」など、悩んでいる方も多いのでは?

闇雲に進めても、なかなかうまくいかないのがコンテンツマーケティングの難しいところです。

今回は、コンテンツマーケティングで成果を出すために必要なこと5つを紹介します!

成果を出すために必要なこと
  1. コンテンツマーケティングについて知る
  2. 外注に丸投げはNG
  3. 成果を出そうと焦らず、目標をしっかりと決める
  4. 最初の6ヶ月は、SNSとメルマガで勝負
  5. スモールキーワードの対策をする

成果を出すために必要なこと1:コンテンツマーケティングについて知る

最初に1番大切なのは「コンテンツマーケティングについて知る」ということです。

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、担当者が知識を付けることが大前提となります。

MEMO
ネットで検索をかければ、「コンテンツマーケティングとは」という記事がたくさん出て来ます。
その記事を熟読すれば、大まかなコンテンツマーケティングの知識は得られるので、しっかり勉強しましょう。

DOER

1か月間猛勉強すれば、コンテンツマーケティングの知識はかなりつきます!
始める前に、まずは勉強するところから頑張りましょう!

 

成果を出すために必要なこと2:外注に丸投げはNG

コンテンツマーケティング会社やSEO会社はたくさんありますが、そこに丸投げするのはNG

コンテンツマーケティングを始める会社は、集客やリードの獲得、受注率の増加を目的にしていますが、コンテンツマーケティングやSEOの会社は専門としている分野が違うので、各会社の目的まで詳しく把握できないのが現状です。

DOER

1でも説明したように、コンテンツマーケティング担当者が知識を身につけることが大前提です。
外注するのであれば、会社の思いや目的をコンテンツマーケティングの担当者が外注先の会社に伝えるというフローが確実です。

外注先に丸投げするとミスが起こりやすい

何もわからないままSEO会社やコンテンツマーケティング会社に丸投げをしてしまうと、思っていた結果にならなかったり、考え方に入れ違いが起きてしまったりというケースがよくあります。

注意
コンテンツマーケティングやSEOは、確かに複雑で高度な技術ではありますが、ある程度の知識や技術があれば、成果がついてくるものです。
しかし、担当者の知識がないまま外注先に丸投げをしてしまうと、外注先の会社が詳細を把握できず、成果を出しづらい状況になってしまいます。

まずは担当者がコンテンツマーケティングの知識をしっかりつけて、外注先に丸投げしないということが大切です。

 

成果を出すために必要なこと3:成果を出そうと焦らず、目標をしっかりと決める

コンテンツマーケティングを始めて、すぐにでも成果を出したい!と思いますよね。

ですが、コンテンツマーケティングはすぐに結果がでるものではありません

例えばSEOはGoogle次第でもあるのですが、索エンジンからしっかり流入してきて、しっかり検索順位を上げるためには、6ヶ月ぐらいかかります。

DOER

ネットで検索をかけると「1ヶ月目から10万PV!検索1位を獲得!」というメディアもありますが、そもそもの土台が違うことが多いので正直難しいです…
まずは、6ヶ月後にしっかり結果を出すという目標を持ちましょう!

目標をしっかり決めておくことも大切。

色々と行動しているうちに、目標があやふやになってしまいがちですが、「コンテンツマーケティングをやる目的」と、「どういう成果を出したいか」を、しっかり言語化するようにしておきましょう。

そして目標や目的は1回決めたら終わりではなく、コンテンツマーケティングを進める中で本当にその目標・目的で正しいのか話し合うことをおすすめします。

DOER

ゴールがない状態で走り出してしまうと、どこに向かってるんだっけ?と迷子になるケースは多いので、しっかり目的を持ちましょう!

 

成果を出すために必要なこと4:最初の6ヶ月は、SNSとメルマガで勝負

6ヶ月後に結果が出ることを目指しましょうと言いましたが、6ヶ月間なにもしないわけにはいきません。

最初の6ヶ月にするべきことは、大きく分けて2つあります。

1つ目は「SNSで発信」、2つ目は「メルマガで既存のお客様に発信」です。

それでは1つずつ解説します!

1.SNSで発信する

1つ目はSNSで発信すること。特にTwitterがおすすめです。
Facebookは、いいねを集めるのが難しいのと、認知度を高めるのが難しいのです。

Twitterは、拡散性が高く、ハッシュタグを使えば色々なところにリーチできるというメリットがあります。
もちろん業界、業種によっても違いますが、多くの場合、Twitterでしっかり投稿していれば、流入数が増えていきます。

DOER

まず記事をしっかり書くことが前提ですが、書いた記事をどんどんTwitterで流しましょう!

らに、自社の強みやアピールポイントをテキストのみでツイートするのも効果的です。ハッシュタグをうまく使って、リーチを拡大させましょう。

2.メルマガで発信する

2つ目はメルマガで発信すること。
メルマガをしていない企業も多いのですが、コンテンツを作ったら、積極的にメルマガで送るのがおすすめ!

セールスチックなメルマガを送るというよりは、「こういう記事を書きましたよ!」「こういうコンテンツを書いていますよ」という紹介が良いでしょう。
既存の顧客に知ってもらうという点では、1番良い方法です。

メルマガを配信することで、興味がある人はしっかり読んでくれます。
その記事が読者に刺されば、また読んでくれるので、SEOの検索順位も上がります。

DOER

その他、営業担当者がメールの署名にメディアのURLを貼るなど、地道な作業がジワジワと効果が出ます。

 

成果を出すために必要なこと5:スモールキーワードの対策をする

最後は、スモールキーワードの対策です。

ビッグキーワードで1位を取るという目標のメディアが多いですよね。

確かにビッグキーワードを取ると流入数が増えますが、すでに大企業や、先にコンテンツマーケティングを始めた企業が獲得しているので、上位を取るためには1年~1年半ほど時間がかかります。

まずはスモールキーワードで、3ヶ月~6ヶ月の間に検索の上位を目指すことが大切です。

MEMO
スモールキーワード、いわゆる「ロングテールキーワード」は、複合的なキーワードを3つほど組み合わせたものです。
例えば、「ダイエット」というビッグキーワードであれば、「ダイエット 1ヶ月で効果が出る」がスモールキーワードです。ユーザーの悩みに具体性が増すので、成果が出やすいというメリットがあります。

コンテンツマーケティングの目的や成果が、問い合わせをもらうことや、リードを獲得することである場合は、スモールキーワードでユーザーの具体的な悩みにアプローチすることで、確実に効果が出ます。

成果にも結びつきやすくなりますので、おすすめです!

そのためには、質の高い記事を書いていくことが必要です。

 

まとめ

コンテンツマーケティングで成果を出すために必要なこと5つを紹介しました。

DOER

これらをしっかり対策すれば、コンテンツマーケティングの成果は、間違いなく6ヶ月~1年ぐらいでかなり実感できるかなと思います。
ぜひ実践してみてください!